代表行政書士柏崎のプロフィール

行政書士柏崎幸一法務事務所代表。代表行政書士。

山形県生まれ。中央大学法学部卒。


中学・高校にかけて、テニスに夢中となる日々を送る。

その一方で、どうしても法律家になりたいとの一心で、大学時代はゴールデンウィーク・大晦日・元旦ですら勉強するほどの法律中毒になる。

そして大学卒業後、ベンチャー企業の法務部・司法書士事務所を渡り歩き、行政書士柏崎幸一事務所を設立し、夢だった法律家としての独立を果たす。

現在、「街の法律家」の行政書士として、金融商品取引業免許をはじめとする許認可手続き、法人設立、契約書/規定作成・チェックなどの業務を日々精力的に行う一方、主に20代の若者を対象とした起業支援コンサルタント、自身の投資経験をいかしたファンド組成・運営コンサルタントなど、マルチなジャンルで活躍する異色の法律家としての一面ももつ。

弱冠20代の若さで、行政書士事務所の営業を軌道に乗せたその手腕には、インターネットの世界を中心として定評がある。

また、月一回の経営者限定【手ぶらで】テニス交流会を主催。



座右の銘は「心が折れなければなんとかなる。」。